您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

911寧靜革命

911寧靜革命

作者 : 大宮浩一

出版社 : 輝洪開發股份有限公司

※ ※ 無庫存

無庫存

定價 : NT 599

售價9折, NT539

內容簡介


年輕的靈魂對社會安養制度
最叛逆的批判
用盡力氣
實踐理想烏托邦

劇情簡介:
政府做不到的,我們應該奮力爭取!

9月11日廣島

不願一昧順應政策制訂的盲點,年輕一輩的老年照護人員聚集起來,希望將暗藏於刻板制度面下的暗湧透過群眾集會,讓更多人瞭解所謂官方的安養規畫是多麼不合乎情理的多數者暴力,而正確的事情一旦變成固定僵化的觀念或做法,即有可能不再符合瞬息萬變的環境並引發反彈。當年華老去,人們面臨身體機能退化的脆弱無助,即便是再強健的心靈也可能無法坦然面對。政府又如何能夠以訂定資格的方式,排除少數高齡者擁有完善老年照護的權利?對於生存的尊嚴,這群熱情的年輕人不斷努力,試圖重新建構出新的安養烏托邦,片中闡述著不同於日本福利政策的理想信念,而這股寧靜的革命,更悄悄地在日本各地蔓延綻放美麗的花朵。

日文簡介:
2010年9月11日、広島―― 20世紀と21世紀の歴史を象徴する、場所と日付に自らを"介護バカ"と呼ぶ若者たちが集まった。介護だけにとどまらず、歴史、文化、哲学と縦横無尽に繰広げられるトーク­セッション。人が老い、死ぬということと、日々向き合い続けている彼らが紡ぐ言葉は、新しい生き方、新しい価値観の創造を予感させる。そして、それを実践し、表現する彼ら­の日常・・・。監督は、『ただいま それぞれの居場所』で介護現場のいまと希望を描き、本年度文化庁映画賞「文化記録映画大賞」を受賞した大宮浩一。前作から、間髪入れずに製作・公開される映画『9月11日­』には、21世紀初頭の、現在進行形の"静かな革命"が、なまなましく息づいている。
看更多 隱藏
作者介紹

■作者簡介

大宮浩一

大宮映像製作所

看更多 隱藏