您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

勞塔瓦拉: 礦工暴動事件

勞塔瓦拉: 礦工暴動事件

作者 : 林圖/ 坦佩雷愛樂交響樂團

作者 : Hannu Lintu/ Tampere Philharmonic Orchestra

出版社 : ONDINE RECORDS

※ ※ 無庫存

無庫存

定價 : NT 500

售價9折, NT450

內容簡介


台本 エイノユハニ・ラウタヴァーラ
1-6.第1幕/7-13.第2幕/14-21.第3幕

1957年、当時十二音技法を学んでいたラウタヴァーラ(1928-)が出会ったハンガリー亡命者。彼から生々しいハンガリー動乱の模様を訊いたラウタヴァーラは、その話を元に、自国の政治的状況も盛り込みながら、この歌劇「カイヴォス(鉱山の意味)」を完成させます。しかし、当時のフィンランドは旧ソ連の弾圧が激しく、このような危ない話は上演するのは不可能でした。いくつかの改訂も行われたのですが、結局上演されることはなく、そのまま忘れ去られてしまう・・・その一歩手前で、ようやく2010年、この演奏が行われたのです。1950年代の後半、鉱山で働く労働者たちは元テロリスト、シモンをリーダーに据え反乱を試みます。しかしシモンはすでにそのカリスマ性を失っていました。立てこもる労働者、彼らの説得を試みる政治委員。そして躊躇するシモンと彼の恋人イラ。音楽は常に無調の冷たい響きを持ち、緊張漲る粗筋を盛り立てます。なかなか難解ではありますが、一本筋の通ったお話です。
看更多 隱藏