您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

共用品という思想: デザインの標準化をめざして

共用品という思想: デザインの標準化をめざして

作者 : 後藤芳一/ 星川安之

出版社 : 岩波書店

※ ※ 無庫存

無庫存

定價 : NT 1,035

售價 : NT1,035

內容簡介


共用品とは、「身体的な特性や障害にかかわりなく、より多くの人々が共に利用しやすい製品・施設・サービス」を指す。英訳としてはアクセシブルデザインと呼ばれ、バリアフリー、ユニバーサルデザインなどともに、壁を壊す/なくす/低くする意図をもつものである。より多くの人の役に立つように、という願いが市場を生み、利用者を広げ、デザインの発展を促し、企業の活性化につながる。「より多くの人」をめざして、あくなき進化が続けられる「共用品」の思想とは。福祉デザイン・企画開発において、何を考えるべきかを説く。
看更多 隱藏
作者介紹
後藤/芳一
1955年生まれ。大阪大学大学院工学研究科教授。博士(工学)。1980年、東京工業大学大学院修了。通商産業省(現在の経済産業省)入省。99年度より日本福祉大学客員教授。2010年度より現職 

星川/安之
1957年生まれ。財団法人共用品推進機構専務理事。1980年、自由学園卒業、トミー工業株式会社(現・株式会社タカラトミー)入社。99年共用品推進機構設立。2002年度より日本点字図書館評議員。99年度より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
看更多 隱藏