機械昆蟲制作のすべて: 進化し続けるメカニカルミュータントたち

機械昆蟲制作のすべて: 進化し続けるメカニカルミュータントたち

作者 : craft factory SHOVEL HEAD 宇田川誉仁

作者 : craft factory SHOVEL HEAD宇田川譽仁

出版社 : 株式会社ホビージャパン

可訂購

定價 : NT 1,170

售價 : NT1,170

內容簡介


本書將各式各樣的「機械昆蟲」作品的製作流程,透過見到照片就能理解的方式分章進行解說。第 1 章的作品藉由塗裝與細節精細化加工的處理,呈現出金屬打造的機械質感,作品本體的主要材料是紙黏土 
(一部分為環氧樹脂補土),而這道黏土塑形的製作流程,是營造出具有昆蟲特色的重要環節。猶如素描需要不斷反覆修改一般,一再重覆仔細作業,將正確的位置定位出來,可以說是催生高精度作品的重點了 
吧。 

原則上相同造型的作品不會再次重製,因此本書所介紹的「機械昆蟲」都是手工製作的「單件作品」。其中也有如同第 2 章的作品,將本體部分當作原型來以矽膠模翻模製作的「量產類型作品」,但在後續的設計階段都會表現出各自不同的特色,修飾完成後不論是用色或是細節部分都是完全不同的作品。 

第 3 章會將第 1 章解說過的「單件作品」所使用之展示底座的製作方法,仔細地為各位讀者說明。從以前到現在的代表性作品,則刊載於卷頭頁面以及第 4 章,算是當作紙上展覽館的章節。每件作品都有附上簡單的製作目的解說,如果各位在欣賞作品的同時可以得到一些參考資訊,那就太好了。

craft factory SHOVEL HEAD、初の造形技法&作品集。ようこそ、機械昆蟲の世界へ!

空想上や実在する生き物から着想を得た作品を制作している宇田川誉仁氏。彼が手掛ける紙粘土や針金、機械パーツ類、廃材などでつくられた立体は「メカニカルミュータント」と呼ばれ、世界的規模で数多く紹介されている。
本書でピックアップするのは「実在の昆虫を本物そっくりでメカっぽい外観に仕上げた作品たち」で、それらの機械昆蟲は、強いインパクトで見る人を惹きつけることだろう。
第1章は大型(約20cm)の1点もの作品であるミカドトックリバチ。紙粘土で本体をつくり、盛りつけと削りで成形を進め、細部をつくり込んでいく独自の工程を解説する。
第2章は小型(約5cm)のコガネムシ作品群で、原型からの型取り工程後に、塗装や細部の加工に変化をつけて個性的な甲虫に仕上げる様子を解説する。
第3章は木材や金属を組み合わせてつくったスチームパンク的なトックリバチの「巣」で、見どころいっぱい。
巻頭と第4章には新作から過去の代表作まで、主要な作品を収録。迫力ある機械昆蟲の世界を存分に楽しめる一冊。
看更多 隱藏