您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

江戸時代人物画帳: シーボルトのお抱え絵師.川原慶賀が描いた庶民の姿

江戸時代人物画帳: シーボルトのお抱え絵師.川原慶賀が描いた庶民の姿

作者 : 小林淳一/ 編

出版社 : 朝日新聞社

※ ※ 無庫存

無庫存

定價 : NT 810

售價 : NT810

內容簡介


幕末に長崎・出島を訪れたドイツ人シーボルトは
当時の日本人の暮らしを物語るさまざまな文物を蒐集し、
オランダやドイツに送っていた。
そのシーボルトは文政9年(1823)、
オランダ商館長の江戸参内に加わり、
同行した長崎の絵師・川原慶賀に
旅の途次で出会う庶民の姿を画帳に描かせていた。

深編み笠の虚無僧、上半身裸の覗き眼鏡師、
厚化粧の花魁、編み笠に三味線を持つ鳥追い、
蓑を着た農夫、笛を吹いて歩く按摩、渡し守、
海女、修験者、力士、琵琶法師、僧侶、髪結い……

極彩色で描かれたこれら109人の姿は、
江戸時代末期の社会の実像をいきいきとよみがえらせ、
社会史・風俗史の貴重な資料ともなっている。

この貴重な画帳は、
シーボルトの二度目の来日のおりのコレクションの一部で、
紙や絵の具はオランダ政府から支給され、
完成後にオランダへ送られた。
この画帳を含むシーボルト二度目の来日時の7000点の蒐集品は、
ミュンヘン五大陸博物館が所蔵して21世紀の今日まで伝わっている。

古き日本人の姿を今によみがえらせる、
この画帳を含む同博物館の所蔵品は、
今回里帰りして2016年から翌年にかけて
「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」として日本各地で巡回展示される。
日程は2016年7月から国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)、
同9月から東京都江戸東京博物館、
2017年に長崎歴史文化博物館、名古屋市博物館、
国立民族学博物館(大阪府吹田市)の予定。
この画帳も展示されるが
画帳で綴じられているため実物全体を見ることができず、
本書によってその全容を間近に見ることができる。













看更多 隱藏