您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

浮世絵の女たち

浮世絵の女たち

作者 : 鈴木由紀子

出版社 : 株式会社幻冬舎GENTOSHA INC.

※ ※ 無庫存

無庫存

定價 : NT 540

售價 : NT540

內容簡介


春信、歌麿、北斎……
江戸美人No.1はだれだ!?
水茶屋の看板娘に吉原遊郭のアイドルたち。
謎多き八人の絵師と、モデルの美女をめぐる波瀾万丈!

●懐月堂安度の流罪の原因となった、大奥御年寄の絵島
●鈴木春信が描き、江戸一番の人気者になった笠森お仙
●喜多川歌麿が好んで描いた、二人の美人町娘
●マルチ芸術家・山東京伝と恋愛結婚した遊女
●大名家生まれの酒井抱一が愛した花魁
●旗本をやめてまで恋を貫いた鳥文斎栄之とその妻
●歌川国芳が描いた、粋で鉄火肌の女たち
●父・北斎以上の才能を見せ、情趣豊かな作を残した葛飾応為

世界を魅了する「美人画」に隠されたストーリーの数々!

つらい世の中だからこそ浮き浮きと楽しむべき──そんな江戸庶民の浮世観から生まれた「浮世絵」は、
徳川三百年の治世中に、独自の発展をとげていきました。
そこに描かれた江戸の女たちの、なんとのびやかで開放的なことか。
描かれた女たちのことも知りたくなります。絵師の心のうちものぞいてみたい。
けれど、モデルとなった遊女や市井の女たちを知るがかりなどごく限られています。
浮世絵師もまた謎に包まれた存在です。有名な歌麿にしても、いつ、どこで生まれたのかさえよくわからない。
絵師になる前の動静がなぞだらけであることも、当時の絵師が世の中からどう評価されていたのかを物語っています。
本書では、のこされた絵を手がかりに状況証拠をかためてその謎をときあかしてみたい。
有名な絵島をモデルにしたとされる懐月堂安度の美人絵など、一枚の絵からさまざまなドラマがみえてきます。




看更多 隱藏
作者介紹
■作者簡介

鈴木 由紀子

山形県生まれ。『闇はわれを阻まず 山本覚馬伝』で第四回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。NHKの「BS歴史館」「英雄たちの選択」、BSフジの「発掘! 歴史に秘めた恋物語」に出演するなどメディアでも活躍。主な著書に『義にあらず 吉良上野介の妻』『花に背いて 直江兼続とその妻』『黄金のロザリオ 伊達政宗の見果てぬ夢』(現在はいずれも幻冬舎文庫)、『大奥の奥』『開国前夜 田沼時代の輝き』(ともに新潮新書)、『最後の大奥 天璋院篤姫と和宮』『女たちの戦国』(ともに幻冬舎新書)、『女たちの明治維新』『ハンサムウーマン 新島八重』『ラストサムライ 山本覚馬』(いずれもNHK出版)がある。
看更多 隱藏