您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

リナ.ボ.バルディ

リナ.ボ.バルディ

作者 : 和多利恵津子/ 監修; リナ.ボ.バルディ財団/ 協力

出版社 : TOTO出版

可訂購

定價 : NT 1,935

售價85折, NT1,645

內容簡介


巴西女建築師莉娜.博.巴爾迪的第一本日文專書,收錄珍貴資料,詳細介紹跨領域的作品!
1914年生於義大利羅馬的莉娜.博.巴爾迪,是促使巴西建築近代化的重要人物。她從羅馬大學的建築系畢業後,事師於義大利建築師Gio Ponti,1946年與藝評家P.M.Bardi結婚,並移居到巴西。建築作品包括自宅「玻璃之家」、聖保羅藝術博物館、SESC龐培亞文化中心等。在本書中收錄動態照片與珍貴的設計圖、美麗的素描等資料,除了建築作品以外,還介紹她嘗試家具設計及策展等各領域的成果,書末收錄妹島和世與塚本由晴的對談,談論莉娜.博.巴爾迪建築的魅力。

ブラジル建築の近代化、民主化を進め、ブラジル文化の中心人物で
あり続けた女性建築家、リナ・ボ・バルディの日本初の作品集。

ダイナミックな写真と貴重な図面、そして美しいドローイング等の資料で
作品を紹介するとともに、家具デザインやキュレーションなど、
幅広いクリエーションの全容も詳しく紹介する。

巻末には妹島和世と塚本由晴が現代にも通ずる
リナ・ボ・バルディ建築の魅力を語り尽くした対談を収録。

【リナ・ボ・バルディ】
1914年イタリア・ローマにて誕生。
ローマ大学建築学部を卒業後、ジオ・ポンティに師事。
第二次世界大戦後の1946年美術評論家のP.M.バルディと結婚しブラジルへ移住。
1951年自邸「ガラスの家」を建設、同年ブラジル国民となる。
1968年「サンパウロ美術館」、1986年「SESCポンペイア文化センター」が完成。
1992年自邸にて生涯を終える。










看更多 隱藏