您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

センチメンタルな旅 1971-2017

センチメンタルな旅 1971-2017

作者 : 荒木経惟

出版社 : HeHe

可訂購

定價 : NT 1,305

售價79折, NT1,031

內容簡介


與荒木經惟夢幻攝影集同名的展刊登場!
以荒木經惟的妻子「陽子」為主題,從他大量的作品中,選出相關攝影作品公開展覽,這本攝影集正是同名展刊。正如荒木本人所述,自己「因為陽子而成為攝影家」,從1968年兩人相遇到1990年陽子過世,在這段期間拍攝的作品,貫徹了攝影的核心,讓觀賞者深受感動。展刊的內容包括荒木夫婦結婚前,陽子本人的珍貴未發表作品、以陽子為主題的作品、愛貓的拍立得照、2017年的最新攝影日記系列。除了為本次展覽而發表的新作,並收錄1971年獨立出版的夢幻攝影集《感傷之旅》(センチメンタルな旅)108幅作品。最重要的是,透過拍攝的主角陽子,可驗證荒木經惟所重視的與拍攝目標的關聯,以及他攝影的神髓「私寫真」的精神。

写真家・荒木経惟の膨大な作品群から、妻「陽子」というテーマに焦点をあて、陽子を被写体とする作品、その存在を色濃く感じさせる多様な作品によって構成される、同名写真展の公式展覧会カタログです。

荒木自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1968年の出会いから1990年のその死に至るまでの妻・陽子との濃密な時間から生み出された作品群は、写真の核心を貫き、見る者の心を揺さぶらずにはおきません。

結婚前の貴重な未発表ポジ作品や本展のための新作をはじめ、私家版として発売された幻の写真集『センチメンタルな旅』全108点を収録。もっとも重要な被写体である陽子を通じて、荒木が重要視する被写体との関係性を探り、また彼の写真の神髄である「私写真」について考察します。

タイトルの「センチメンタルな旅」は、1971年出版の写真集のタイトルでもあり、また2017年現在からさらに続く写真人生そのものを表しています。荒木にゆかりの豪華執筆陣によるエッセイも必読、すでに500冊以上になる荒木の写真集において、決定版となる一冊です。

◎収録作品:〈センチメンタルな旅〉〈東京は、秋〉〈食事〉〈センチメンタルな旅、冬の旅〉〈空景/近景〉〈三千空〉他、
結婚前の陽子を撮影した60年代の未発表ポジ、陽子をテーマとする作品、愛猫チロのポラロイド、2017年撮影の最新日記シリーズ

◎執筆:吉増剛造(詩人)、ユルゲン・テラー(写真家)、石内都(写真家)、古屋誠一(写真家)、森山大道(写真家)、
伊藤俊治(美術史家)、フィリッポ・マッジア(モデナ写真財団)、笠原美智子(東京都写真美術館)、北澤ひろみ(キュレーター)

◎写真展「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-」
会期:2017年7月25日(火)- 9月24日(日)
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内)
看更多 隱藏