您找過以下的關鍵字

尚無搜尋紀錄

ネイバーフッド台北

ネイバーフッド台北

作者 : 吹田良平/ 監修

出版社 : 株式会社トゥーヴァージンズTWO VIRGINS

※ ※ 此商品需調貨,備齊後出貨

可訂購

定價 : NT 900

售價85折, NT765

內容簡介


台湾の今を取材して見えてきたのは「文創」という考え方。

今、注目のエリアを牽引する店と、時代を先取る台北のミレニアル世代(2000年以降に成人になった世代)の考え方から
「台北」という都市を切り取るトラベルカルチャーガイド

1.【東区】・・・ハイセンスなお店が立ち並ぶ東区
Grace(VVGオーナー)
東区を中心に展開しているのがVVG。(Very Very Good=好様)
世界で最も美しい書店20に選ばれたVVG SOMETHINGをはじめ、
レストランやホテルなど。昔から変わらず繁華街であった東区の魅力とは。

2.【富錦街】・・・代官山を想起させるおしゃれなエリア、富錦街。
松山空港から徒歩で行けるけれど、駅からは少し遠い。その絶妙な距離感がこの街の雰囲気を生んでいる。
Jay Wu(FUJIN TREE代表)
閑静な住宅街だった富錦街を一躍有名にしたのが、セレクトショップや日本のお店のインバウンドを手がけるFujin Treeです。

3.【華山1914】・・・日本統治時代の酒工場をリノベーションしてできた複合施設の周りにも文化を感じさせるお店がたくさん。
陳建方(華山1914 ディレクター)
台湾で二番目にSNSで「ここにいる」報告の多い華山1914(一番は桃園空港)。
そんな華山1914での展示や出店の企画を取り仕切るのがディレクターの陳氏。文化と創造が体験できる場を提供し続けています。


4.【迪化街】・・・布問屋や乾物屋が集まるアメ横のような街、迪化街
Shibo&Small夫妻(A Design_Life Project )
デザイナーでもある二人が手がけるのは、昔からある優れた製品を現代にも使えるようにリデザインすること。
古いものから新しいものを生み出す、まさに迪化街にあるべくしてあるお店です。

5.【中山】・・・古き良き街並みとおしゃれで個性的な店が林立する中山区。
薛嫚嫚(中山18オーナー)
こじんまりとした日本家屋に個性的なテナントが入る「中山18」。
台風で大木が倒れるまで誰にも気づかれなかったボロボロの日本家屋を改築してまで蘇らせようとしたオーナーの想いとは。

6. 【松山文創園區】・・・日本統治時代のタバコ工場をリノベーションした文創園區に始まり、街がカルチャーを産み出す。
陳儀芳(誠品書店信義店・敦南店 店長 )、 謝依忻(イベント企画担当)
台湾を代表する企業「誠品」。ライフスタイルも含めた書店の新しいあり方を提案します。

7.【六張犁】・・・ガイドブックにもあまり出てこない、そんな個性的なお店の集まる六張犁
Jin(Delicate antiqueオーナー )
骨董品店を営むJin氏。日本のセリにも参加してきたという独自の審美眼でセレクトされているのは、
いわゆる未使用のデッドストック品ではなく、あくまでも使われて歴史を刻んできたモノたちです。

台北ミレニアルズ
1.Eva (日本文化を発信するカルチャー誌「秋刀魚」編集長)
2.Spencer (会員制雑誌図書館「Boven」のオーナー)
3.David&Arwen (琅茶 Wolf Teaを切り盛りする若きカップル)
4.王心偉&柯姵宇 (男性向けファッションブランドSYNDROのオーナー)
5.Duke (クラフトビール専門店「啜飲室」のオーナー)
6.Soac(新進気鋭の料理研究家)
看更多 隱藏